21世紀

21世紀
 
ホームページのこと          園山 芳久
「短歌21世紀」のホームページを簡略にリニューアルしました。「投稿短歌」と「ポポオ」と「談話欄」のページが新しく出来ました。投稿短歌のページからは、どなたでも短歌を投稿出来ます。評は大河原 惇行が担当します。投稿するには、ページの一番下にある「投稿短歌はこちらから」の文字列をクリックするとメールが立ち上がりますので、件名に「投稿短歌」と入れて本文にお名前と短歌を入力送信してください。
談話欄のページはブログ形式になっていますので、どなたでも書き込みが出来ます。内容は自由ですのでいろいろな話題、意見をお待ちしています。この欄を、会員、その他の人たちと共に、これから、生かしていきたと思います。
それから、「投稿短歌」(大河原惇行)・「本誌」(間瀬敬)・「ポポオ」(井出匠・桜井敏幸)・「談話欄」(事務局・松本東亜)、それぞれが担当として、総括は園山芳久が行います。誰でも、参加できる「ホームページ」にしたいと思いますので、お願いします。
 
 

1     
平成29年5月16日 Tuesday
(選者・編集人)
 
 5月号の歌
(選者・編集人)
 
五月号の歌
(選者・編集人)
 
佐 渡    田 中   要
『資本論』複雑にして単純なり二十歳より読みつぎて来し
              さいたま  古 賀 多三郎
風が見え風の音が聞こえない朝の光りを待ちてゐる今
              狭 山   大河原 惇 行
朝となり紅さへ存在は窓と共にあること安し自らのもの
              東 京   間 瀬   敬
国の政治何か中世じみてゆく新聞ひろげ言ひ難くをり
              熊 本   松 本 東 亜
手のひらにコインの消える現象を驚くこころ不思議なこころ
              兵 庫   藤 田 信 宏
子供会は助成金は要らぬと言ふ児が減りやがて居なくなるとぞ
              我孫子  杉 本 明 子
ひそかなる姿とおもふ枇杷の花千葉に越しきてはじめて知りぬ
              所 沢   伊 藤 光富久
青春の忘れものなり本棚の一と所占めて数学全書
              東 京   井 出   匠
カピバラといへるは親しき貌をして水の中にて糞をひりをり
              東 京   小 川 優 子
ひと乗せぬバスはひときは闇を裂く灯りをこぼす旅の終りに
 
 
(若い会員)
 
              日 立   桜 井 敏 幸
いくつもの色を試してこの色と思ふひとつをけふは決めたり
              須 崎   小 松 桂 子
荷づくりの進む子の部屋机には片目のままの合格ダルマ
              所 沢   透 麻 由 貴
いつも部屋に叶わぬ夢かいつの日か山に行きたい海に行きたい
              東 京   魅 弥 華 韻
友達の関係性のみありありと猛禽類の爪の鋭さ
              高 知   井 上 佳 香
人間はいつだつて一人という言葉何のマンガのセリフだつたか
              狭 山   大 島 元 子
きつかけはほんの一言かもしれず揺らぐ心に涙あふれつ
 
 
 
日々点描・115
「往還集の表現・十四」抄         大河原惇行
 
百合の樹の花57
 
  立ちとまり仰げば多し百合の樹の花は一様に天を受け咲く
 
形の整った歌と言っていい。しかし、短歌の作品として、優れているとは如何にしても、思えないのである。
「立ちとまり仰げば」など、その把握は、説明的であるし、「一様に天を受け咲く」の表現にしても、ただ、形どおりなのではないかと思う。
如何にして、文明がこのような歌を、作っているのか、そこに疑問を抱いたのであった。
 先にも、少しふれたのであるが、新しい世界を形つくることは、今あるものを、破壊することから、はじめなければならないのではないか。文明にあっても、その過程の表現を、このような短歌に、痕跡として残していると、受け止めてみたのである。多分、このことは、間違いがないのであろう。
 その表現の苦を、ここに確かなものとして、指摘するのであるが、先生の認識はどのようなものであったのか。              16・1・6・2
 
  百合の樹の花59
 
  下枝に靡きかたむける花ありて蕊を露はしぬあはれその蘂
 
描写として、この一首にあっての表現は、くどいと言っていいのであろう。
 一つは、「靡きかたむける花ありて」の把握にあって、指摘できるのだ。「靡き」と「かたむける」の繋がるところ、そう指摘できるのである。
一つは、「蘂を露はしぬあはれその蘂」も、又、くどい。ここで、二つのことを、くどいとここで取り上げてみたが、このくどさが、さらに、先の新しい世界をよぶといったものではないか。
そこに、興味を持ったのであった。
 そして、ここに、表現の問題として、描写として、そのものを、よりよいものとして、文字にしてゆく過程を、痕跡として知ることができるのであろう。
土屋文明という、優れた歌人にあって、その痕跡はこのようなものなのだから、さらに先のあるものを求める意志とか、そこに求めるこころなど、考えを超えたものなのであろうか
                                                16・1・6・4
 
 
 
現代の一首
 
  山吹はざんざんと散りわれの書く母の字いつだつて斜めにかしぐ  小黒 世茂
 
この歌集『舟はゆりかご』には、意表をつく上質な喩と、豊かなオノマトペが綺羅星の如くに駆使されていて、感性のすそ野の広さと思惟の深さに驚かされる。「薄切りの蓮根サクリと噛むほどのかそけさに友逝きてしまへり」喩とオノマトペの醸す絶妙さが発揮された喩として特筆すべき一首と思われる。この歌集の題名の由来となった歌は、「実母には抱かれしこと継母には背負はれしこと舟はゆりかご」である。この一連の作品の中に掲出歌はある。幼い作者が、生母をあきらめて、継母を受け入れ、二人の母をゆりかごのように温かく思えるようになるまでの月日を、私は夫の幼い日の切なさに重ねていた。「別珍の赤靴みやげに母さんはきっと戻るよ」と言い含めて家を出た母。その言葉を後生大事に恃みにしていた作者には、赤い鳥居さえ「これの世の置きざりとも・・」と見て、そのさびしさを文字にする。「山吹を見にゆかうかとゴム靴を履かせ」てくれたのも母さん。この日の嬉しさが暗転し、「山吹はざんざんと散り」に、やり場のない悲しみを詠う。深い悲しみは、作者の手元を狂わせ「われの書く母の字いつだつて斜めにかしぐ」のである。                                          (七澤敏子)
 
 
  色のよき沢庵があり思はずも手が伸びるなり心をよそに          高久  茂
 
歌集は『高久茂全歌集』、現代短歌社。構成は既刊歌集五冊(第一『天耳』、第二『銀礫』、第三『友待つ雪』、第四『初瀬玄冬』、第五『川瀬のひかり』)と未刊歌集二冊(『朝朝の声』、『初冬のひかり』)七つ、解説を田野陽、高久茂略年譜、初句索引、あとがきとなっている。
 解説によると作者は「東京練馬の真言宗豊山派荘厳寺の塚田家の息女と結婚」して「現在は豊山派の学頭を授与されて大僧正の地位にある」とある僧職にあるようである。提出の歌は、『初冬のひかり』から。心と体は儘ならないものである。勝手なイメージだが僧職ある人は一般の人に比べて心身を律することが出来るのではないかと思ってしまうが僧職にあっても難しいようである。例えば何か嬉しいとき何か悲しいときでも生活はある。その生活にたまに現れる心と体の齟齬が歌には上手く表されている。「色のよき沢庵」がある。この沢庵がぬかけでは歌の響きが台無しである。沢庵が鮮やかに浮かび「思はずも手が伸びるなり心をよそに」という一瞬の心と体の動きの二つが上手く表されている。                     魅弥華韻)

2     ・・・・・・・・・・四月号の歌 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成29年5月5日 Friday
 四月号の歌
 
(選者・編集人)
 
佐 渡   田 中   要
ほしいままに明りをつけて読みてゆく割りし胡桃の実をつまみつつ
              さいたま  古 賀 多三郎
黄塵に襲はれたりし東京の映像も春の兆しならむか
              狭 山   大河原 惇 行
如何に生きてもたつた百年の後先か喜怒哀楽もその文字の内
              東 京   間 瀬   敬
数時間前のことさへ遠き日のやうに思はる宵々の酒
              熊 本   松 本 東 亜
対岸の繁りに啼くは何鳥か穏やかに日は傾かむ頃
              兵 庫   藤 田 信 宏
雲黒く流るる隙のくれなゐを仰ぎ行くなり西風のなか
              我孫子   杉 本 明 子
うかららの住むなき故郷越の国雪は降りつぐ妙高黒姫
              所 沢   伊 藤 光富久
彼の死を嗤う幾人かありと聞けば夜半に目覚めて一人さびしむ
              東 京   井 出   匠
持ち主の追放されし店などはキリスト教徒の所有となりき
              東 京   小 川 優 子
どこまでも見える眼鏡を手に入れて遮るものの多さに気付く
 
 
(若い会員)
 
              日 立   桜 井 敏 幸
左向く土偶ばかりが並びゐぬ己の視野を再確認す
              須 崎   小 松 桂 子
一年の最後の試験となりし日にこの教室には席が空きをり
              所 沢   透 麻 由 貴
暗闇は我の姿も黒にする穏やかに笑むこのままでよい
              東 京   魅 弥 華 韻
明るさの寒さに目覚めるこの朝は花粉の色の風薬飲む
              高 知   井 上 佳 香
終わりとは有無を言わせぬ力なり皆何事もなかったかのように
              狭 山   大 島 元 子
いつまでも自信なき身の私の心と体は合はずにゐたり
 
 
日々点描・114
「往還集の表現・十三」         大河原惇行
 
下宿住ひ55
 
  下宿部屋の冷たき畳に覚め居り青葉の映えもくらくうすれて
 
「下宿住ひ」一連、五首の歌は、素材としたところ、その意味する世界は、視点のあて方がいい。そう、受け止めたのであるが、作品のできとしては、上手くいっているということはできないのではないか。
何故か。簡単に結論がでるものでもないのであろう。文明にあっては、その表現にあって、すべて、手探りであったということが考えられる。そして、さらに言えば、こころの内の思いがあるのだが、描写をしようとしても、描くべき実体が、ついに、手探りとして、終ってしまって、その実体を掴み得ることができなかったということになる。
この一首にしても、上句は、よいとしても、下句「青葉の映えもくらくうすれて」としか、文字にすることが、できなかったのだ。 表現とは、そう簡単でない。 16・1・5・9
 
 
百合の樹の花56
 
  五月末となれるに冷ゆるくもり日の街路朝はやき百合の樹の花
 
「百合の樹の花」一連八首は、具体的に街路樹を掴まえているといっていいのであろう。
実体があって、この一連の作品があるということだが、その成果は、どのような形となって、文字となっているのか、そこに、一人の思いをいだくのだ。この一首は、一通り、できていると言っていいのかも知れない。それでも、「五月末となれるに冷ゆるくもり日の」の把握は、何か、端的でない。
「五月末となれるに」として、「冷ゆるくもり日の」あたりが、生ぬるいのではないか。そのことが、気になった。
土屋文明にあっても、新しい世界を、言葉にするということは、現在あるものの否定の上にたたなければならない。
否定すること、つまり、表現として、破壊することでもあるのだから、表現が、動揺するのは、仕方ないことなのであろう。                             16・1・5・10
 
 
現代の一首
 
  薪の爆ぜる音ふいに立つ茶房にてウマシアシカビヒコジは生れり    小沼 青心
 
 古事記には、宇摩志阿斯訶備比古遅神と記され、日本の神道における八百万の神のうち、地球・生命を司り、生命の力強さそのものを司る神とある。自然を愛する作者が、胸に温めている神なのであろう。茶房にふいに立った薪の爆ぜる音に、ウマシアシカビヒコジは、現世に蘇ったと詠う。作者の音を聞いての感応の素早さや、歌に掬い上げる感性の豊かさ、リズム感、類いまれな発想の飛躍に私は、はたと手を打ち、この歌の音韻の楽しさに酔った。目を瞑り諳んじるほどに楽しくなる。歌はいろいろあってよいのだろう。歌の深さに感じ入ったり、新しさや、自在に駆使するオノマトペに、私の耳も充分楽しませてもらった。寡黙ではない歌の中にあって、この一首は歌の品格を保ちつつ、感応したものをそのまま詩情ゆたかに言葉にのせてゆく。その自在さは衝撃的であった。『野鳥時計』というこの第一歌集は、野鳥の声で時刻を知らせる時計に刻まれた日常を詠ったとある。「野鳥時計かけて待ちおり文字盤の鳥の囀るときどきのそら」「鷦鷯六時を鳴きて赤翡翠、野駒、山雀、郭公は正午」鳥の声を愛する作者の耳は健やかなのだ。                                   (七澤敏子)
 
 
無洗米をまたも磨ぎおり磨ぎながら物思いする癖抜け切れず  野沢 民子
 
歌集は野沢民子著『祭囃子の音』、六花書林。構成はT〜V、跋文を内藤明、あとがきで終わる。あとがきに音短歌会二十年を一区切りに歌集を纏めたとあり第一歌集。
 題名の『祭囃子の音』は、あとがきによると「私が二十四歳で父を亡くし落ち込んでいた頃を回想して詠んだ『祭り好きの父の三七日響きいし祭囃子に背を押されたり』からとりました。地元の神社の例祭が始まり、周囲が賑わうなか暗く沈んでいた私を祭囃子の音は元気づけてくれる父の声のように聞こえました。そして、その後短歌と出会い、共に歩んで行くうちに今では短歌があの時の祭囃子のように心の拠り所となりました。」とある。
 提出の歌は、「無洗米」を磨ぐという完全無欠に無為な行為である。必要としない一時である。米磨ぎにかぎらず、誰にでもある程度は似たような経験をしたことがあるものだろう。しかしながら「癖」なのである。「物思いする」癖は完全無欠に無為であればあるほどに完璧に透き通った透明な装いを持ちおりて、ひとところである状態はまるで巫女がかったようにも考えられてならないではないか。                               (魅弥華韻)
 
 



● BackIndex ● Next ●




投稿短歌はこちらから