21世紀

21世紀
 
ホームページのこと          園山 芳久
「短歌21世紀」のホームページを簡略にリニューアルしました。「投稿短歌」と「ポポオ」と「談話欄」のページが新しく出来ました。投稿短歌のページからは、どなたでも短歌を投稿出来ます。評は大河原 惇行が担当します。投稿するには、ページの一番下にある「投稿短歌はこちらから」の文字列をクリックするとメールが立ち上がりますので、件名に「投稿短歌」と入れて本文にお名前と短歌を入力送信してください。
談話欄のページはブログ形式になっていますので、どなたでも書き込みが出来ます。内容は自由ですのでいろいろな話題、意見をお待ちしています。この欄を、会員、その他の人たちと共に、これから、生かしていきたと思います。
それから、「投稿短歌」(大河原惇行)・「本誌」(間瀬敬)・「ポポオ」(井出匠・桜井敏幸)・「談話欄」(事務局・松本東亜)、それぞれが担当として、総括は園山芳久が行います。誰でも、参加できる「ホームページ」にしたいと思いますので、お願いします。
 
 

1     
平成29年7月28日 Friday
 
七月号の歌
(選者・編集人)
 
佐 渡   田 中   要
どうにでもどこにもないこと考えてわが運命に刃を立つる
              さいたま  古 賀 多三郎
老と壮との境を知らず知らずとも老と壮との境はあらむ
              狭 山   大河原 惇 行
山よりの風はひそかに色を呼ぶ波たつさまも夜の明けのまへ
              東 京   間 瀬   敬
シュレッダーに処分されゆくひよこらのことも知らずに我はありしか
              熊 本   松 本 東 亜
新しき職場を今日は訪ねたり坂道を登りさくらの森あり
              兵 庫   藤 田 信 宏
降る雪に岬は見えず近く遠く数知れぬ鴎みだれ飛ぶなり
              我孫子   杉 本 明 子
この朝を金鳳花の花開くなし曇りて寒き三月半ば
              所 沢   伊 藤 光富久
尻尾つかまさぬもやがて解明されむ待つにも非ずまたざるも非ず
              東 京   井 出   匠
二丁目のバーにて長く人々を癒せるピアノわが家に来る
              東 京   小 川 優 子
かはしたる約束およそ果されず渡らぬ橋に夕光を見る
 
 
(若い会員)
 
              日 立   桜 井 敏 幸
言はれたら笑顔で対応と苦笑する君の本音は別にあるらむ
              須 崎   小 松 桂 子
一セット落としし後のチョン・ヒョンのペリエ飲む音聞こえるごとく
              所 沢   透 麻 由 貴
狼は星空にただ輝いて天空一の孤影が魅する
              高 知   井 上 佳 香
アイロンをかけたてのシャツ匂わせて今日も自転車踏みて出でゆく
              狭 山   大 島 元 子
かつて受く祖母の形見の舞扇手に取り少し開きて祈る
             岡 山   木 戸 京 子
九州へはこれが最後と思ふらし言ひてたちまち母は黙しぬ
 
 
 
日々点描・117
「往還集の表現・十六」抄         大河原惇行
 
湯元の道66
 
浴客あそぶ谷道あたたかく湯川の湯気は川になづさふ
 
 先生が、いろいろなところに、こころを止めて、いままで、文字として、意味をなしていない世界に、踏み込んでいることを、知るべきなのだ。そして、そのことをこころに、ぼくはこの文章を書いているといっていいのであろう。この先生のあり方として、表現の問題として、その要に、描写ということを置いていることに、向き合っていると言っていい。
 短歌として、この一首は、「道あたたかく湯川の湯気は川になづさふ」が、表現として、要のところである。
 上句は、このことを言うための、序のようなものである。
 その上で、この意味するところが、自然だから、下句が生きてくるのではないか。
 描写一つとっても、このようなところで、人知れず努力していることを、改めて知ったということになるのだ。
 己の求めて行くべきことも、この先にあるのであろう
                             6・1・7・1
 
湯元の道67
 
湯元の道67
 
よその人去りたる谷の静かさにこだまを打てる幼児のこゑ
 
 
  どれだけ優れている歌なのか、そのような視点から、この一首に向き合っているのではない。むしろ、ぼくはこのような作品の向うに、先生は、当時、どのような思いを、短歌作者の一人として、抱いていたのか、そのようなところに、心が向くのである。「よその人去りたる」の把握ひとつとってみても、常識的でないのではないか。ここで、「こだまを打てる」に、こころひかれ、「幼児のこゑ」に興味を抱くのなら、表現が又、別になっていた筈なのだ。短歌の世界にあって、あまり、自我について、求めるものがないのだが、この表現の先に、その自我について、考えていいのであろう。
  先に、家族があること。その家族も、核家族というところに、思いが及ぶといっていいのであろう。
  そして、表現として、「よその人去りたる谷の静かさに」の、これだけの表現に、時代と家族のあり方が、既にここに文字となっているのではないか。    16・1・7・2
 
 
現代の一首
 
  限りある器の水を小さきひれにかきて目高はいのちをつなぐ                             林 宏匡
 
『ホルムスクの夕日』に次ぐ第十三歌集『ひとつのいのち』より。作者、林氏は産業医であり特別支援学校校医でもあるという。それゆえ昭和九年生れの自身の老境にむかう命のみならず常に命ということに向き合う日々を過ごされていることだろう。歌集名ともなっているのは「ひかりつつそらに舞ひ散る花びらのひとつひとつのいのちを?(?)しむ」であるが、どの作品にも「ひとつのいのち」をいとおしむ気持がしずかに流れている。
 掲出の歌は「目高」「続、目高」一連二十首中のもの。かつては日本の小川には野生の目高が群れて生息していたが、現在は環境省により絶滅危惧種に指定され、各地で保護活動が行なわれている。目高の泳ぐ様に「水槽の藻なか潜れる目高にも??(????)を恋ふ心はあるらん」と自身の生育の地、樺太を思う心境と重なる思いを詠っている。目高の寿命は飼育下では三、四年という。「限りある器の水」はなにか哀しく一層いのちの儚さ愛おしさを思わせる。この歌集には平成二十年から二十五年までの作品が収められている。東日本大震災と大津波で犠牲となった命を憂う作品も多々ある。              
 
                              (杉本明子)
 
 
 
  わが庭の桜と隣の桜とが主の心の色に咲き分く                                        
 
                            石田比呂志
 
『冬湖』は石田比呂志の第十八歌集。彼の死後、著作権者である阿木津英によって出版された。
 掲出の歌。自分の家の桜と隣家の桜を見比べて、花の色が違うと言っている。持ち主の心のあり様が、花の色を違って見せると言っているのだ。穏やかに幸せに暮らしているだろう隣家の主人。一方、平坦ではない人生を送ったであろう石田比呂志。人の世の喜怒哀楽を知り尽くし、清濁を経験し尽くしたであろう石田の境涯が、桜の花を彼に見せ、この歌を詠ませている。自虐ではあるが、「仕方ないんだよ」という呟きも聞こえてくる。
「死はすぐ隣にあったもののようである。」と後記には書かれていながら、生に、自らの過去に拘っている。「くるりまたくるり回れる走馬灯人を恨みて得しものの無し」の歌も忘れられない。
 帯文には「辛酸をなめ尽くした人生を振返り、再び生きても『短歌の道』をと強く語った石田比呂志。その生涯を貫いた反逆の精神はいまでも歌の荒野に輝き、孤高の旗をはためかせている。」とある。さまざまな意味で怪物である。                                    
 
                            (木戸京子)
   

2   
平成29年6月17日 Saturday
  六月号の歌
(選者・編集人)
 
佐 渡   田 中   要
右左見て物を言うこの人ら電力の吐く煙の下に
              さいたま  古 賀 多三郎
白き蝶ただよひ流れゆきにけりことしあらばと思ひゐし時
              狭 山   大河原 惇 行
日々食にかまけて一日一日送らむ苦と言ふにもあらず
              東 京   間 瀬   敬
わたくしの持ち時間なり希望とか未来とかと思ひ来しもの
              熊 本   松 本 東 亜
時を超え伝はる技の原点をスライディーニに吾は知りたり
              兵 庫   藤 田 信 宏
年を追ひジニ係数は上がりをり此の二十年格差は開く
              我孫子   杉 本 明 子
山法師の花はゆたけし移りこし新しき空にけさは仰ぐも
              所 沢   伊 藤 光富久
柳のもと新しき枝伸びて来てアメンボが走る下蔭の水
              東 京   井 出   匠
石積みの堤を越えて落つる水その中ほどに細き虹たつ
              東 京   小 川 優 子
秒針の音ぞ忽然あらはるる秘密ひとつを重ねしあした
 
 
(若い会員)
 
              日 立   桜 井 敏 幸
この音は上げていくより下げるべし低きラまで下げて窺ふ
              須 崎   小 松 桂 子
向かひ合ひ子と取る夕餉久々にて途切れぬ話題ミサイルのこと
              所 沢   透 麻 由 貴
好きなのは織田信長です散るときはセンセーショナルな最期が望み
              高 知   井 上 佳 香
ペンションの裏にまわれば未舗装の駐車場一面たんぽぽの花
              狭 山   大 島 元 子
「往生」は仏教からの言葉とふただ死ぬだけの意味にはあらず
 
 
 
日々点描・116
「往還集の表現・十五」抄         大河原惇行
 
百合の樹の花61
 
 百合の樹の切りたる花の大きければ青葉は垂れぬバケツ
 を覆ひて
 
 ひたすら、描写をしていると見ていいのではないか。
文明のこころの内に何があるのか、そのことは知らない。
 しかし、営為としてのこのあり方は、その先に、いろいろと考えて、このように表現に向き合っているのか。
それとも、無のこころとなって、ただ、ひたすら、実体にふれ、その実体を文字にしようとしているだけなのか。そこらに、興味を抱くのである。
 一首の意味するところ、植木職人が、街路樹を、整えているのであろう。
 その作業の一片であっても、そのさまを、「青葉は垂れぬバケツを覆ひて」とだけ、文字にして、描写だけをしているところ、注意したのであった。
ここには、動がある。
 日々の生活にあっての動であろう。
 そこで、短歌として、意味する世界は、手の届くところに、己の生活があるということなのだ。           16・1・6・6
 
 
湯元の道65
 
  凍り居りし谷とくるらし岩崩のこだまは遠くにぶく近くも
 
 意味という視点から言えば、この一首はさらに、意味がないと言っていいのであろう。
「岩崩のこだまは」と、一つの具体を示して、そのこだまを、ここの文字にしているのが、この一首ではないか。
その意味するところが「こだまは遠く」「にぶく近くも」と捉えているのだ。
 文字として、そのこだまが明確に捉えられているのか、どうか、知らない。それでも、こだまと向き合って、描写しようとしていることは確かなのであろう。こだまのその音の微妙なところを、今まで誰が、苦労して文字にしようとしたことか。
 ただ、ぼくは、このようなところにも、先生の努力を見るのである。目の付け所として、「凍り居りし谷とくるらし」は、特異な世界に目が向いているのに違いない。   
                              16・1・6・10
 
 
現代の一首 
 
 
  ゆきのうへにゆきおともなくふりもるゆるすとだれかたしか
  にいへり                       佐藤通雅
 
 仙台市郊外の山を切り開いて造成した宅地に作者は住む。その中央に西から東へと真直ぐに通じる山桜の並木道が、作者の早暁の散歩道である。晩秋、葉が落ち尽くすとオレンジ色の街灯が並ぶ。「万の死を悼みて朝はのぼるなり桜通りの連灯沿ひを」歌集名『連灯』の謂れをここにみる。上り切った山の上から、市街地の彼方に仙台湾を望む。大震災のあと、歩くたびに祈りのこころが湧くようになったと作者は言う。死者を悼み、生き残った者の務めを模索し続けた五年の月日を経て、この掲出歌は生まれた。短歌固有の韻律がこれほど美しく思えたことはない。内在する固有の韻律が支えとなっているのであろう。この一首の醸す静謐な空気の中にも、どこか制約を外された自由さが感じられる。その自由さが読む者の心に余情となって沁み込む。三句までの雪に即した無駄のない描写が、下句の鮮烈さを際立たせている。「ゆるす」とは具体的に何を指すのか。受け取り方はそれぞれであろう。万の死者に寄り添い、自らの非力を詫びながら祈り続けた作者。「ゆるす」という言葉に五年の月日が、生者のみならず死者の無念をも癒したと思えるのである。              
                              (七澤敏子)
 
 
  十一時五十二分にて止まりいるガラスケースの懐中時計   
                              (三枝浩樹)
 
歌集は三枝浩樹著『時?集』、角川書店。構成はT、U、あとがきとなっている。帯文に「『時間』と『人』への祈り。16年ぶり待望の第6歌集」とある。
 題名の元になったものはあとがきによれば「リルケの時?詩集を意識したもの。」とある。『時?詩集』が私にはどんなものか分からないがインターネットに載っている情報で少し書くと《原題、〈ドイツ〉Das Stunden-Buch》リルケの詩集。1905年刊。「修道生活の書」「巡礼の書」「貧しさと死の書」の全3部からなるものらしい。ロシアへの旅行における精神的な経験を経て『時?詩集』で独自の言語表現へと歩みだしたそうだ。興味があれば読むことをお勧めする。
 提出の歌は、小題に「窪田空穂記念館」あるところからの歌。窪田空穂の縁の「懐中時計」を視ての歌である。時とは不思議なものでそれ単体では永遠だが、個々の上に流れる時は有限である。時間を表す時計が「十一時五十二分」で止まっているのが証拠である。やがて懐中時計も朽ちてゆくのだろう。時の不思議を感じる。          (魅弥華韻)
 
 
 
 
 
 



● BackIndex ● Next ●




投稿短歌はこちらから