21世紀

21世紀
 
ホームページのこと          園山 芳久
「短歌21世紀」のホームページを簡略にリニューアルしました。「投稿短歌」と「ポポオ」と「談話欄」のページが新しく出来ました。投稿短歌のページからは、どなたでも短歌を投稿出来ます。評は大河原 惇行が担当します。投稿するには、ページの一番下にある「投稿短歌はこちらから」の文字列をクリックするとメールが立ち上がりますので、件名に「投稿短歌」と入れて本文にお名前と短歌を入力送信してください。
談話欄のページはブログ形式になっていますので、どなたでも書き込みが出来ます。内容は自由ですのでいろいろな話題、意見をお待ちしています。この欄を、会員、その他の人たちと共に、これから、生かしていきたと思います。
それから、「投稿短歌」(大河原惇行)・「本誌」(間瀬敬)・「ポポオ」(井出匠・桜井敏幸)・「談話欄」(事務局・松本東亜)、それぞれが担当として、総括は園山芳久が行います。誰でも、参加できる「ホームページ」にしたいと思いますので、お願いします。
 
 

1     九月号
平成29年9月18日 Monday
 
  九月号の歌
(選者・編集人)
 
              さいたま  古 賀 多三郎
ふるへをののく足を踏みしめゆかむにもゆるやかなこの坂ただ長し
              狭 山   大河原 惇 行
ここにありてさらに何かに及ぶ思ひ光の動くわが指の先
              東 京   間 瀬   敬
夏の雲高く崩れてわが頭上千代田区過ぎて港区に入る
              熊 本   松 本 東 亜
ムクの葉を椀の磨きに使ふこと知りて手に取る今日の歩みに
              兵 庫   藤 田 信 宏
海はひと色煙はひと刷き意志もちて要点のみを描きあるなり
              我孫子   杉 本 明 子
ふたりある日々また日々の過ぎゆきに花茎ながく蘭は咲きたり
              所 沢   伊 藤 光富久
寄りてきて離れゆきたる鳩一つ幼の手には豆はそのまま
              東 京   井 出   匠
寅さんがバスを待ちたる山の道バス停のみが残されてあり
              東 京   小 川 優 子
庄内の流れに沿ひて鈍び色の瓦いく千連ねて何処まで
 
 
(若い会員)
 
              日 立   桜 井 敏 幸
キャンバスに塗りて初めて明るさが少し違ふと吾は目を止む
              須 崎   小 松 桂 子
曇天に青き光を引きながらルリタテハ一つ飛びてゆきたり
              高 知   井 上 佳 香
おもむろに体を起こし草むらへ入りゆく蟇の足の大きさ
              狭 山   大 島 元 子
あたらしき生活求めてパソコンを使ひて地図を幾度か見つ
             岡 山   木 戸 京 子
幼子の淡き記憶に入道雲は尾鈴の山に真つ白くありき
 
 
正岡子規短歌合評(二十一) 明治三十三年
 
いたつきの病の牀をおとづれし年ほぎ人に酒しひにけり
 
【藤田信宏】詞書に「麓左千夫など来りたるに」とある歌である。病に苦しむ床を新年の言祝ぎのために訪れた岡麓や伊藤左千夫などに酒を強いた、というのである。「いたつきの病の牀をおとづれし」には、病床を訪れた友らへの思いが籠っている。「いたつき」は、骨折り、苦労、病気といった意味であるが、「いたつきの病の牀」と言うことにより、生きた調べになると共に切実さが強く漂っている。下句「年ほぎ人に酒しひにけり」は、状況を実に素直に表現しており、何気ない言い方の中に深い情感が表れている。この歌も現実感が濃厚で、読む者の心を揺さぶる。この年一月に執筆した随筆「新年雜記」に次のような一節がある。「復新年を迎へた。うれしいうれしい。其『うれしい』がまだ盡きぬ内にはや次の大問題は首を挙げて來る、『来年の正月は』。さて此大問題に逢著したところで『なに今年も』とやつてのける勇気は最早なくなつた。……とにかく来年の正月迄は生きる積りだ。といつては見たが『とにかく』『迄は』『積りだ』といふ言葉を省く事が出來なかつた。」(アルス版『子規全集』第十巻)。子規の心中では、来年の正月まで生きる自信が揺らいでいたのである。そうした精神状態の中での麓や左千夫等の訪問なのであり、これが嬉しかったであろうことは想像に難くない。「酒しひにけり」には、友らへの人間的な深い情愛と共に、切実な生の哀感が表れている。
【小川弘】前評者の解説により、理解が深まる。「いたつきの」は「病」にかかる枕詞的に使われているようで、そのまま読み下して構わないと思う。新年の祝いの言葉を述べに来た岡麓(明治十年―昭和二十六年)と伊藤佐千夫に酒を出してもてなしたことを詠っている。岡も伊藤も子規の弟子としての礼を取っているので、子規も嬉しかったのだろう。岡麓の家は徳川幕府の御殿医であり、子規に入門した当時は豊かな生活をしていたらしい。昭和に入って生活のために女学校で書を教えたという。子規は周りに人がいることが好きで、痛いと呻きながらも来客の応接を家族にやらせたという。「酒しひにけり」に子規の交際好きな性格が表れているように思う。
【保泉栄子】この一首では「年ほぎ人に酒しひにけり」に眼目がおかれているので「いたつきの」は、小川評のように枕詞的に使われたと思う。「久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬかも」(明治三十一年)の「久方の」もアメ(雨)にかかる枕詞として使われているので、さりげなく使ったものと思われる。麓らが病む自分のもとに新年の挨拶に来てくれたことが嬉しくて酒を強いているのである。内心は翌年の正月まで生きられるか煩悶していたことを思うと「酒しひにけり」の客観的ないい方が、いっそう胸に迫る。
【松本東亜】新年の祝酒を勧める子規の温か味を感じる一首である。結句は「無理して飲んでもらったことよ」というような思いであろうか。子規は飲めない体であるが、岡麓や左千夫は飲んで話も弾んだことだろう。子規は嬉しかったに違いない。
【間瀬敬】明治三十三年一月三日、伊藤左千夫は桐の舎桂子の月次歌会で知り合っていた岡麓と落ち合って、初めて子規を訪問した。その時の子規の歌で、「酒しひにけり」は「屠蘇」ともあるので、そうなのだろう。事実そのままを詠んだものであるが、「酒しひにけり」にその折の情景がよく出ている。
【古賀多三郎】この時子規と左千夫は初対面だったらしい。左千夫の開眼の日だったといっても過言ではないと思う。この時子規、左千夫はいかなる歌論を展開したのか。この後の左千夫の変貌ぶりを思えば、想像にあまりあるといえよう。
【大河原惇行】先の一首と比べて、表現として、この一首にあっても、子規は、少しもぶれていない。そのままを、文字として示し、そのままを、ここに提示しているだけなのではないか。その思いが、生きての思いと重なるそのさまを、ようやく、自らのものと為し得るようになったのであろう。そして、「いたつきの病の牀をおとづれし」は、短歌にあって、序にあたるところなのである。一首にあって、この導入が、如何にも自然であるので、「年ほぎ人に」の反応が、生きていると受け止めていいのではないか。思いが流れるように、文字となっていると見るのだ。このように、子規が表現者として、力を得たときに、左千夫に逢い得たことに、ぼくは、単なる偶然を越えた、何か時代の力のようなものを、受け止めているのであるが、如何なのであろう。左千夫は、子規に直接会って、変わるのである。子規という人間にふれて、左千夫自身が動いたということになるのであろう。そこに、一つの時代の機微を受け止めるのであるが、これは、ぼく自身の勝手な思いといっていいのかも知れない。もしも、左千夫が、もう少し、早く子規に逢って、その人間にふれていたら、表現者として、別の子規に触れていたのであろう。そのようなことにも、思いが及ぶのである。偶然が偶然を越えて、時代に生きることも、一人の思いとして、楽しいことであると思うのである。
 
上野山夕こえ来れば森暗みけだもの吠ゆるけだものの園
 
【杉本明子】明治三十三年「森」七首中の冒頭の一首。子規三十三歳の作。けだものの園は明治十五年に日本で最初に開園した東京都恩賜上野動物園のことと思う。斎藤茂吉も 「上野なる動物園にかささぎは肉食ひゐたりくれなゐの肉を」と詠っている。「けだもの吠ゆるけだものの園」とかさねた表現に注目した。夕方となり森はいっそう暗く、そこに獣の声が響き渡っていると具体的な動物の名を出さず大きく捉えている。また「動物」ではなく「けだもの」と表現されていることに微妙なる語感の差を感じる。
【熱田君江】子規の時代の上野の森の夕べは、今より随分暗かったと思われる。そこにある動物園に飼われていた諸々の生き物の鳴き声は、夕べになると一層鮮明に聞こえて来たと思われる。その中でも大自然を走り回っていたであろうライオンやトラのような、所謂「けだもの」の声は怖い、というより、子規にとっては哀切極まりなく聞こえたのではないのだろうか。「けだもの」という言葉を繰り返し使ったのもそういうところに心が動いたのではなかろうか。
【向山文本】明治三十三年の子規の病状が悪化する前の作品と思うが、外出した帰りの上野山の夕の情景をそのまま詠ったものと思う。前二評者と同じく「けだもの吠えるけだものの園」の表現には注目してしまう。日本ではじめての動物園の情景をこのようにとらえていることの意味も詮索してみたが、やはりこの歌はこの表現をそのまま受け止めればよいのだろうと思った。情景も表現も強く印象に残る作品である。
【松本東亜】動物園を歌の材料にして詠んだことが新しい試みではないだろうか。しかし、動物園とは句に入れてない。「けだもの吠ゆるけだものの園」と工夫している。深閑とした中に聞える動物の声は、少々恐ろしい雰囲気が感じられる。
【間瀬敬】今上野の山を歩いても、動物の声が聞こえてくることはほとんどない。騒音対策などにもよるだろうし、周りの喧騒にもよるのだろう。今でも夜に虎やライオンなどの声が聞こえたら、それはそれなりに異様だろう。時代の差というものを感じる。「けだもの吠ゆるけだものの園」が直接だ。「けだもの」の語については、実朝に「物いはぬ??(??)の?(????)すらだにもあはれなるかな親の子を思ふ」があった。また、「上野山夕こえ来れば」も実朝の「箱根路をわが越えくれば」がある。そういうものの影響のもとに作られているのだろう。【古賀多三郎】子規、茂吉のみならず、上野動物園は、多くの文人墨客がこころを寄せている。これは外国のめずらしい動物への興味ではなく、これら動物の生態のかなしさへの思いであろう。狭い檻の中で夢遊病者のように歩きまわっている虎やライオンの様子は痛んだ文人らのこころを慰め、またそのかなしい生態に一層こころを痛めたに違いない。それは明治の文人が西洋から得た自我の意識の痛みであったのであろう。子規のこの歌にもそのかなしさ、痛みが、にじんでいるようである。
【大河原惇行】この一首も、流れるように、文字となっているとみていいのではないか。歌い出しは、序にあたるところであるが、「上野山夕こえ来れば」の表現は、実際をそのままの文字となっているのではないか。子規が、序をこのような表現として、自らのものとするまで、どれだけの努力を重ねたことか。そのことに、考えは及ぶ。そして、反応として、さらに表現として、優れているのは、「森暗み」と、実体について、反応をして、その実体を文字にしているところなのではないか。そう思うのである。このような何でもない、表現ができるので、下句にかぶさるその序の部分が、他の人の及ぶところでない世界のものとなっているのであろうか。この表現があって、「けだもの吠ゆるけだものの園」が、全く新しい世界のものとして、ここに提示されているのが、この一首ということになるのであろう。
 
 
日々点描・119
「往還集の表現・十八」抄         大河原惇行
 
湯元の道75
 
春の日の過ぐらく知らに草臥れし子は道の上を這ひてたはむる
 
ここまで、書いてきて、いろいろと手をやいているのである。その意味するものは、一体何なのか。とにかく、これらの作品の背景に、何かわからない、何かが動こうとしているのではないか。大きな意味でいえば、この後の文明の作品の展開にあって、凡そのことは頭に入っていて、理解しているのであるが、それでも、一首一首の作品に、向き合って、自ら一人の思いとして、文明の作品に直接ふれてみると、さらに、簡単でないことが分ったということになるのだ。
端的にいって、この一首は、「草臥れし子は道の上を這ひてたはむる」と、いうのが、その意味するところではないか。
「子は道の上を這ひてたはむる」に、どれだけの意味があるというのであろう。今までの物差しでは、測ることができない何か、そこに、把握の意味を求めているのであろう。
これから、じっくりと向かわなければならない。
                           16・1・7・10
 
   或る友を思ふ76
 
ただひとり吾より貧しき友なりき金のことにて交絶てり
 
単純な一首である。ただ、「金のことにて交り絶てり」と、「ただひとり吾より貧しき友」を、そのまま文字にしているだけなのだ。土屋文明は、東京帝国大学を卒業しているといっていい。そのような時代を通しての一人の友のことを、ここに、このような形で、提示をしているのではないか。
 人間の生きる本質を、このように言葉して、示すその背景として時代をみるのであるが、まさに、そこに、表現というものを求めたということになるのであろう。
これが、社会とその経済に一人の身をおく、時代なのである。つまり、「金のことにて」に、要約されたその時代がそのまま文字となっていると読む。
 文明の歌の一歩が、このように足を運び、足を置くところ、時代そのものに、これからの世界の啓示を示す、ものとなっているのであろう。時代の新があり、時代を超えた真が、ここにあるということではないか。           16・1・8・1                                        
 
現代の一首
 
  終戦の日の思はれて消ゆるなし一本の木のまぼろしに立つ           
                              横山岩男
 
 『春遊』につづく第八歌集『青桐』より。平成二十三年から同二十八年までの作品三六七首を収める。
 この終戦は一九四五年の第二次世界大戦の終結のことであろう。したがって一九三三年生まれの作者は当時十二歳であったと思う。少年であった作者は「個を越えし未来いかにと炎天に佇み思」ったとその時の心理を歌にいう。
 掲出歌の前には「終戦を聞きしは同級生の友にして炎暑の昼の巴旦杏の下」があるのでまぼろしの木は巴旦杏かもしれないが、終戦の日と関連して一本の木が作者の心に消えることなく立ち続けているということに心ひかれる。その一本の木は自身の精神そのものであり、終戦からの長い年月七十余年を経てもなお消えることなく心の裡に立ち続けるということに作者の生きてきた姿勢が窺える。矜持であり拠り所でもあったことだろう。
「まぼろし」は使い方の難しい言葉であるがこの一首にあっては、気分に流れることなく活きている。また三句切れの詠法もその思いを表現するのに効果をあげている。
                             (杉本明子)
 
 
  暮れなづむ光残れる鯉の丘向ひて独り来し方偲びつ
                             能見謙太郎
 
 『鯉丘残照』は能見謙太郎の第十六歌集。私事ながら、作者とはいわば同郷であり、私が短歌を始めた頃からお世話になっている。あとがきに「清少納言が『枕草子』にまで取り上げている「吉備の中山」が我が家の前の田園を挟んで(略)長く横たわっています。(略)なだらかな丘が三つ連なっていて、(略)頼山陽が鯉の泳ぐかたちに見立てて「鯉山」と呼称し、爾後地元ではこの呼び名が広まっています。(略)私が勝手に「鯉丘」ともじって見たまでのことで他意はありません。」とある。「吉備の中山」か「鯉山」か、我々には楽しい論争である。ちなみに、作者も両方を詠んでおり、「青田のなか吉備の中山横たはり吉備津の宮の千木光りをり」「朝朝に過ぐる鯉山の道すがら小暗きなかに元義の石」などの歌がある。掲出の歌は、大きな円熟を得た人の達成感、追憶、生への愛おしみなどの思いがしみじみと詠み込まれている。
この歌集には旅行、家族(特に妻の死)、友人などが詠まれているが、とりわけ作者の自宅近くの吉備津神社や細谷川が繰り返し、繰り返し詠まれていて味わい深い。作者の足跡を追ってみたくなった。             
                              (木戸京子)
  

2   
平成29年8月15日 Tuesday
  8月号の歌
(選者・編集人)
 
八月号の歌
選者・編集人)
 
              さいたま  古 賀 多三郎
時折りの会ひといへども手をあげて挨拶するのみのかかはりにして
              狭 山   大河原 惇 行
一日ありて一日を無駄と言ふならず生きてのことは命のことは
              東 京   間 瀬   敬
池の面にとどかむまでにしだれたる柳なびけり人を思へば
              熊 本   松 本 東 亜
やはらかき緑広ぐる木の下に赤きテントを人は張りたり
              兵 庫   藤 田 信 宏
?(??)に踏まれ土のあらはな道を下る海は和ぎ空には朱の一すぢ
              我孫子   杉 本 明 子
ゆつたりとさばく櫂の音響きつつあかるきみどりかげなすみどり
              所 沢   伊 藤 光富久
草の根をほぐしつつ心やすまらず月上りきて幼き形
              東 京   井 出   匠
「こんな人たち」のいよいよ増えゆく吾はもとよりそこにをりたり
              東 京   小 川 優 子
天に在す子らに待たれていま昇るもう独りにはされないあした
 
 
(若い会員)
 
              日 立   桜 井 敏 幸
あくまでも徐々に明るくまた暗くグラデーションが課題となりぬ
              須 崎   小 松 桂 子
まだ笑へる自分に気づく夕間暮れ一人の部屋にパソコン閉ぢぬ
              高 知   井 上 佳 香
歳時記をひらけば浮かぶ人の顔まだ夜の浅き駅のホームに
              狭 山   大 島 元 子
あるべきと断定思考の吾が頭その日は思ひ詰めて苦しき
             岡 山   木 戸 京 子
播磨者は頑固なるらし山桜しろく輝くここは加古川
 
 
正岡子規短歌合評(二十) 明治三十二年
 
十四日お昼すぎより歌をよみにわたくし内へおいでくだされ
 
【黒津三枝子】明治三十二年、子規三十二歳の作である。掲載歌は岡麓へ宛てた歌会の誘いである。そして香取秀真にも「明日ハ、君ガイデマス、天気ヨク、ヨロシキ歌ノ、出来ル日デアレ」と歌にして歌会の案内をしている。子規は、歌会の誘いをこの様にはがきに書いて出していたのであろう。当時の伝達方法は書簡を以て行われていたことを思えば当り前とはいえ、その誘いを歌にして出すとは何とも子規らしい。このような誘いを受けたら、何をさておいても会に出席したい気持になるのではないか。一年前の三月、子規庵で初めて開かれた歌会で、集まったのは俳人だけであったというが、一年ぶりに開かれた歌会には、歌人である秀真が出席している。「歌よみに与ふる書」を『日本』に発表し、短歌革新に乗り出した子規にとって、三月十四日の歌会は力が入ったものになったことであろう。限られた生活のなかで何でも歌で表現したように思われる。はがきに書かれた文字や筆遣いに子規を想像してみるのも、又おもしろい。
【小山光夫】外出も儘ならなく梅なども見にゆくこともできぬ病重い身で、仲間を心待ちにしながら床に伏せている。歌会の案内をしている挨拶の歌である。子規が実景を詠むことに関心を持つようになったのは、明治二十六年(一八九三)のことである。そして同二十七年西洋画家中村不折との出会により「写生」論が確立した。その頃から「滑稽性」の濃い作品が生れている。子規の絶筆である「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」と「仏」とは大変な断定であり、成仏直前の??(???)を客観化した言葉であり、俳諧化滑稽化がこの語によって完了している。
【伊集院恭子】第一評者がいわれるようにこのようなハガキでの歌会案内が来れば、何を置いても出席したくなるだろう。そして、子規の歌会への思いが端的に表されている。また子規は形などに囚われず自由に歌ってよいのだといいたかったのではないか。それまでの限られた人達だけのものだった短歌を、誰もが自由に素直に詠んでよいのだとの子規の思いもあるような気がする。
【松本東亜】あらゆる自然、歴史、史跡などを言葉で写す表現の革新をしていたと思っていたが、この歌のような案内文にも短歌の調べを導入している。先の評にもあったが、自由である。何でも短歌になる可能性を示している。
【間瀬敬】 明治時代の口語を今にそのまま聞くような一首だ。はがきに書いた一首で、対詠歌であるから余計に口語に説得力があるのかも知れないが、何でもやろうとした子規の試みについては考えるべきだろう。黒津評で引用された「明日は君がいでます天気よくよろしきうたの出来る日であれ」の一首は同じ日の作とされているが、斎藤茂吉が「子規短歌合評」で、「前の歌(「十四日」の歌)同様自在きはまつたものである。『??(?????)』といひ、『出来る日であれ』といひ、『天気よく』といひ、普通の談話語をその儘用ゐて、毫も軽佻に卑しくひびかないところに注意すべきである。かういふ種類の歌の精神は、後年の石川啄木の歌などにも流れてゐるが、新詩社の気取つたロマンチシズムまがひの歌の流行した時代に、平然としてかういふ歌を作つてゐるといふことはおもしろいことである。さうして、かういう歌の発明は無論俳句の方の延長でもあり、『雲見れば秋の初風吹くさうな』などとも相通ずるけれども、なほそのほかに、橘曙覧の『独楽吟』などの影響もあるのである。」と書いているのに注意した。短歌革新の具体的実践において、子規は曙覧を参考にしたとドナルドキーンが書いていたことを思い出した。
【古賀多三郎】挨拶歌の一種である。俳句的軽味があり、間瀬評引用の茂吉の言辞の通りであろう。ただ用件のみの挨拶歌でありながら、また用件のみの挨拶歌であるからこそ、近代的感覚が横溢しているのであろう。
【大河原惇行】 こころに触れたもの、こころの動いたものは、何でも短歌にしているのであろう。そこに、子規の革新者としてのあり方を、指摘できるのかも知れない。文字にしてみて、初めてその可能性を、自らのものとしているのではないか。この一首のような内容は、短歌にすることはできても、俳句には、出来なかったのかも知れない。そこらも、文字にして、その可能性を自らのものとしたのではないか。子規は、俳句よりも、七・七、だけ、長いものが、短歌であると受け止めていたのであるが、多分、いろいろと試みて、このようなところから、短歌となっても、俳句にならない世界があると確認をしたに違いない。このような試みが、結果として、子規にあっては、俳句と短歌の違いを、自らのものとして、認識し、自覚したことになるのかも知れない。その一点にあっても、子規の認識がさらに、短歌に向き合う、切っ掛けとなっていると、受け止めていいと、考えているのだ。
 
風呂敷の包を解けば驚くまいか土の鋳型の人が出た出た
 
【黒津三枝子】前出の歌に続き置かれた作品で、「三月二十八日秀真が造れる土の子供を見せたるに」と詞書がある。口語表現で初句から順序よく述べられているゆえに、読者はこの歌に示された、その場の展開を目の前にしているような心持になるのであろう。一首の詠みは軽妙にして、おかしみのあるところは俳句に通じるものがあるように思われる。俳句分類で身に付いた江戸の滑稽を引いている感じもする。「土の鋳型の人が出た出た」は直接的で大胆な歌い方である。そして「驚くまいか」に、子規の驚く有りさまがよく出ていよう。東京美術学校鋳金本科を卒業した香取秀真は、明治三十二年子規に入門したばかりであった。その秀真が手造りの「土の子供」である。興味しんしんと見る子規の姿がある。  
【小山光夫】一見すると子規の手慰みの一首にとれるが単純に無駄なく自然のままを歌いあげている。病臥の作者の心情が思われるのである。この一首の背景には明治時代、金工業界に大異変が生じることになる帯刀を禁じた「廃刀令」の公布は刀鍛冶や装剣金工に関連した、技術者に失職をもたらし転職を余儀なくされた。彼等が転じた先は装身具、美術工芸品その他の生活用品作りであった。こうした時代の貧困にあっても尚、香取秀真は日本金工史研究や伝統的金工技術の保存を主張した制作活動を続けていた。又若手に古美術全般及び鋳金の指導をしている。明治三十二年に子供正彦が誕生している。正彦は大正十四年東京美術学校を卒業。後に古典的な金工品を研究、父秀真に従い各地の金工品、梵鐘の調査を行っている。昭和二十四年頃父秀真の喜寿を記念して「平和・喜びの鐘」を制作している。
【伊集院恭子】風呂敷から転げ出た土で出来た子供に、子規は本当に吃驚したのだろう。それが「…驚くまいか」の表現になり「…人が出た出た」になったのだろう。病床にありながら、純粋に驚く子規の顔が浮かんでくる。短歌への意識を変えてゆきたい子規の思いが、この歌にもあるのかも知れない。
【松本東亜】「驚くまいか」は、「驚いたことに」の意で下句に続くのであるが、説明の句ではなく強調の句として理解したい。結句「人が出た出た」は、どこから来た発想であろうか。童謡に「出た出た月が」があるが、これは明治四十三年の唱歌で時代は後のもの。第一評では、俳句に通じるものがあるとの指摘があったが、そのようなところからかもしれない。眼前の対象に即して驚いたさまに、「出た出た」と言葉どおりの表現になっている。
【間瀬敬】「驚くまいか」「人が出た出た」は、驚いたときにそのまま口に出る全くの口語である。それを一首の中に入れた手腕には驚かざるを得ない。また、結句が直ちに「人が出た」と表現したところは、単なる人型を作ったのではなく、人そのものを作り出そうと、芸術はそういうものだという思いが籠められているのだろう。
【古賀多三郎】手紙歌だけでなくこれら子規の口語歌は、その場限りの出来ごころではなく、近代短歌確立への手がかりを得ようとした子規の意志であったとみるべきであり、その時の場面と感情がよく表現されていると、単純にとらえるべきではないと思われる。
【大河原惇行】前の一首よりも、この一首の方が、より、興味を抱くことができるのであろう。そう思い、今、興味をもっているといっていい。「土の鋳型の人が出た出た」と、文字にしたところ、その通りなのであるが、この意味するところと、「包を解けば驚くまいか」と繋がるところ、子規の興味が「驚くまいか」という文字になって、その興味の持ち方が、ここに、提示されているのではないか。つまり、この驚きも、「人が出た出た」と、文字にしたところ、その子規の驚きと興味の先に何があるかということなのである。写生という文字の先に、絵画がある。そして、「土の鋳型の人が出た出た」の先に、何があるかと言えば、「人が出た」と文字にして、人そのものに、触れた反応なのである。人のさまを、形にしているということではないか。これも、文字を立体的に、形に変えての提示ということになるのであろう。ぼくは、今、子規の驚きと、その興味をここに置くのである。そして、さらに、このころから、写生のその表現と、その描写が、立体的になり、より徹底するようになっているのではないか。そのような視点から、香取秀真に、寄せる思いも、特別であったに違いない。明治三十四年には、子規に、「?(?)が顔を鏡に寫し其の顔を土にかたどり土の坊主成る」や「我が顔を見てかたどりし土がたは我が顔に似ずあらぬ顔に似る」などもある。さらに、「混沌が二つに分かれ天となり土となるその土がたわれは」という一首があることも、その形にする実践として、ここに示しておいていいのであろう。
 
 
 
日々点描・118
「往還集の表現・十七」抄         大河原惇行
 
 
湯元の道69
 
 幼児を日陰はざまに伴れのぼり凝れる雪を掘りて食はしむ     
 
伴う幼児が、喉でも渇いたのであろう。少し、遊び疲れているのかもしれない。其の時の行為を、このように 描写をして、一首としたのが、この歌ということになるのだ。
 そして、その描写を、「日陰はざまに伴れのぼり」と、文字にしているところ、着実であって、ひたすら、具体的であると言っていいのであろう。その視点から、「凝れる雪を掘りて食はしむ」の把握も又、「掘りて」と文字にしたところ、注意してよい表現となっていると見るのである。
 描写ということから、ここらの表現は、文字を用いることにあって、執拗であるさまが、手に取るように見えてくるといっていい。
 言葉は、用いるときに、瞬時に浮かぶものであろうが、その先にあって、自らのものとする過程にあって、執着があるか、如何か、このことが、一人の歌人を決めてゆくのかもしれないのだ。                         16・1・7・4
 
湯元の道70
 
 崩え土をかうむれる雪ともしかも人既に掘りて指のあとあり
 
ここらの歌になると作者は、ただ、描写を心がけているだけなのであろう。眼前にある、雪のそのさまを、文字として、形にすることを、ただ目指しているだけなのだ。文字にして、その意味するところを、人に伝えようというような思いは、意識の外のものとなっているのではないか。
 それだから、「人既に掘りて指のあとあり」の、把握にしても、この表現で、足りるということなのである。
読み手としては、「指のあとあり」だけで、何が伝わってくるのか、疑問を抱くことがあるかもしれないのだ。
 そう、疑問を抱いてしまうことも、これらの表現にあって、かまわないということなのであろう。
 勝手が、新しい世界を呼ぶこともあるのかもしれない。
 ただ、表現にあって、実践をするその勝手も、表現者としての一人の力ということもいえるのではないか。              
                             16・1・7・5
 
現代の一首
 
 重き言葉重くつかはぬこの時代つひに書かれぬ思考あるべし
                            正古 誠子
 
『のこるおもひを』につぐ第三歌集『卯月の庭』より。時代が個人に及ぼす影響を敏感に感じ表現をしている。現代は曖昧な言葉遣いが氾濫し、ものごとを深刻に考えることを恥ずかしいことのように感じる風潮がある。若者が「なんちゃって……」と笑いに逃げ、「なになにのほう」とかまた「なになにとは思うけれども」など断定を避けた表現が目につく。思考の表現として言葉は用いられ書かれることにより更なる力となる。掲出歌の他に「沈く思ひ言葉にこごる時の間を目を放ちをり群れ咲くセージ」 「考へを持てば沈みてゆくものか底深く怒り蹲りゐる」などの作品があり作者は深くものを考え、それでいて声高に自己主張することはしない。ただ心の裡にふかくふかく抱え持つだけである。それは言葉の力を信じているからこそ言葉が熟成するのを待つのである。あとがきによると作者は「生きた時間とほとんど重なる日本の戦後を考え続け」(中略)「ケストナーの故郷ドレスデンをたずねた。そこでは敗戦、戦後が日常的な目の前の現実と感じられ、考えることが多くあった」という。静かにふかく強い意志の表現の一首である。                        (杉本明子)
 
 
  白鳥さん悲しいほどに麗子です海のあおさは削除しました
                            山下 一路
 
『スーパーアメフラシ』は山下一路の第二歌集。解説は山田航。解説には「消費主義社会に取り込まれた個人たちの実存のどうしようもない軽さを、そして軽いからこその苦い哀しみを、あくまで捉えようとしている」とある。この消費主義社会もさることながら、人間疎外、大衆化(軽薄化)、迎合主義等の様々な負の要素を、この歌集で作者は表現しているように思える。掲出の歌。若山牧水の「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」を想起させる。「麗子」は、鈴木由美子による日本の漫画作品「白鳥麗子でございます!」の主人公のことであろう。今や「白鳥」は孤高の精神を代表するものではなく、エンターテイメントになってしまった。歌集中に、村上龍の「55歳からのハローライフ」から「『ひまわり』があれほど切ないのは、年月と状況によって人間が変わってしまうことを、ミもフタもなく正確に描いているからだ」を引用しているが、「『スーパーアメフラシ』がこれほど切ないのは、現代社会においての人間の弱さ、脆さ、果敢なさを、ミもフタもなく正確に描いているからだ」と言い換えることができるであろう。                      木戸京子
 
 



● BackIndex ● Next ●




投稿短歌はこちらから